イサムノグチ

  • はじめてご利用のお客様
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • カートを見る

AKARIにLED電球セットが登場してリニューアル

彫刻だけではなく、絵画やインテリアデザインなどまで、幅広い芸術に携わっていたのがイサムノグチ、1904年から1988年にわたり、偉大な芸術家と呼ばれた彫刻家の1人でもあります。イサムノグチは生涯を芸術に捧げていて、彫刻・照明デザイン・陶芸、さらに建築など、幅広い作品を残しています。イサムノグチの作品は、1つ1つが繊細であり、伝統あるモダンな作りであることが特徴的ですが、彼の探求心は多様な分野に及び、これまでに無い全く新しい表現方法を確立しています。イサムノグチが後世に残した作品の1つとされているのが光の彫刻で、和紙と竹から作られたAKARIとよばれる照明彫刻です。

 

彼が作り出した照明彫刻は、1951年から約30年間の間に100種類以上も生み出されていて、作るきっかけとなったのが、旅で訪れた土地で提灯産業の活性化を求められたことにありました。イサムノグチは、提灯工場を見学した後、デザインを起こし、紙と竹ひごという和素材だけで光の芸術を生み出し、現在も彼が作り出したAKARIシリーズは老若男女問わず、人気を集めています。

 

イサムノグチの芸術の拠点は海外にあったことから、モダンな和風照明器具を洋の空間でも使えるようにインターナショナルなデザインも作られていて、彼が手掛けたデザインのファンは世界中にいるほどです。さらに彼の経歴から作品までを紹介する展覧会も全国で開催されていて、イサムノグチが作った光の彫刻はもちろん、彼の幼少期からの写真や関連資料などから、AKARI誕生秘話から製作される過程なども紹介していますし、彼が手掛けた照明器具などの作品は、お手頃な価格帯で販売されているのも魅力の1つです。

このたび、環境への配慮からAKARIも省エネ電球がセットになり販売される事となりました

 

イサムノグチ・AKARI特集サイト


※消費税率の改正により表示の価格は変更になっている可能性があります