SK Lamp / 近藤昭作

  • はじめてご利用のお客様
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • カートを見る
SK Lamp / 近藤昭作

竹とアクリルが融合した「竹のあかり」

1960年代に近藤昭作氏がデザインしたペンダントランプを再生産しました。この照明は、2008年に職人の高齢化により生産中止となりましたが、2015年、氏が別府の若手の竹職人へ、原寸大の展開図をもとに編み起こす製法を継承し、復刻が実現しました。

氏を象徴する四つ目で編まれた竹と成型アクリルでできた一体型のシェードは、竹の表面をシェードの内面に用いることで、竹特有の張り感がある美しい曲線フォルムに仕上がっています。40年以上前に考えられたこの照明は、今なお色褪せることない魅力を持ち続けています。この他にも和風の照明器具も豊富に揃えています

endo_1.jpg

LED電球にも対応したソケット

電球は付属されていませんので、電球はE26タイプをご用意ください

endo_2.jpg

光の透過するアクリル素材

アクリル素材と編み込まれた竹の組み合わせで光が広がります

シーリング式

取付け簡単

照明用の配線器具が天井にあれば取付は簡単です。キャップも付属します


※消費税率の改正により表示の価格は変更になっている可能性があります