ガーデンライト比較「失敗しない照明選び」

  • はじめてご利用のお客様
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • カートを見る
ガーデンライト 施行事例

ガーデンライト比較「失敗しない照明選び」

ガーデンライトを比較して失敗しない照明選びをするために

ガーデンライトを比較し、失敗しない照明選びをする上で大切なことは大きく分けて以下の4つのポイントを紹介します。手前には小さなあかり、奥のほうを明るめにすれば奥行きのアル美しい庭に。絵画を描くように、庭のライトアップを演出を楽しむ事ができます。


1つ目として自分の庭に合った色や形の照明選びです。アンティーク調の照明からポップな照明、和風の照明や埋め込み式の照明など様々な形状や色の照明ありますので住居とお庭との統一感を見ることが大切になります。 基本的にはシルバー、ブラック、ウォームシルバーなど近年の住宅に合わせたガーデンライトが揃っています。


2つ目は庭に置く理由を考えて設置する数や場所を決めることです。防犯用に設置する場合は玄関回りや感知式の照明がより効果的となります。また、庭のデザインを楽しむためや明かりを楽しむためには、その数や配置方法もアレンジを持たせることが大切です。土に差し込んで使用できるスパイクタイプなどは簡単に設置ができるガーデンライトです。


3つ目はコンセント差し込み式、電気工事設置式の照明などのどのタイプにするのかを選ぶことです。特に庭という場所での設置ということで電源の取り回しが重要になります。屋外コンセントがあるお家なのか、そうでないのかなど状況により専門の施工業者へ依頼する必要もでてきます。屋外にコンセントがある場合にはコンセントに差し込むだけで使用できるガーデンライトとタイマーやセンサーなどを組み合わせ快適なガーデン空間を演出できるようになります。何よりも自動で点灯、消灯を行える環境が理想的と言えます。


最後に4つ目は自分が選んだ照明のメンテナンスのしやすさになりますが近年普及しているLEDライトはメンテナンスフリーなので以前に比べればより手間なくご使用できると思います

ガーデンライト比較

今やLED照明はその消費電力の低さからあらゆる場所で使われています。 電気代節約のためにも、家で使用する照明を全てLEDにしたいと思っている方もいるでしょう。 しかし、同じように見えてもLED照明には様々な種類があります。 しっかりとした照明選びをしないと、後々になって後悔することになる可能性も十分にあります。


失敗しない照明選びにはいくつかのポイントがありますが、一番重要なのはどこでどのような使い方をする照明なのかを考える必要があるということです。 ベット脇で使う照明と、庭を演出するために使うガーデンライトではその使用目的も場所も大きな違いがあります。 特に屋外で使用することになるガーデンライトは選び方にも注意が必要となります。 ガーデンライトには庭を演出するという目的以外にも、足元を照らして夜でも安心して歩けるようにしたり、防犯という目的で使用したりもします。 エクステリアに使用できる屋外照明はも豊富にございます


ガーデンライト スパイク式画像
アウトレット照明 グッドデザイン賞
キャンペーン・特集記事
世界中で愛され続ける、イサムノグチの名作「AKARI」
イサムノグチ・AKARI
今なら「正規品」レクリントのコード加工が無料です
レクリント
イメージ集なら好きな雰囲気から照明器具を選べます
照明イメージ実例集
照明ランキングから選んで探せる人気のインテリア照明
照明ランキング
キャンペーンや照明デザイナーなど特集ページです
インテリア特集

エコ活動に参加しています

チャレンジ25