リフォーム時の照明選び

  • はじめてご利用のお客様
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • カートを見る
照明器具を新しい物に交換するだけで、お部屋の印象はガラッと変わります。最近は省エネ指向が強いですから、とりあえずLEDに変えてみるという人が多いですが、消費電力を抑えることだけを重視してしまうと、失敗してしまう可能性もあります。なぜかというと、照明はインテリアの一部を構成するとても重要な器具であるためです。

ご自宅のリフォーム工事を行う際に、照明のリフォームも同時に実施する人がほとんどかと思います。種類が非常に多いので選ぶのに頭を悩ませてしまう人が多いですが、望ましい照明器具の選び方は、まずその部屋の用途を考えてみることに尽きます。省エネ性能や器具のデザインばかりを重視して選ぶ人が多いですが、意外と重要になってくるのが光の色と照度です。光の色や照度を考慮して選ぶようにしないと、日常生活を送る上で何かと不都合を感じてしまうようになります。このページではリフォームの多いリビングとキッチンの照明を中心にご紹介致します

家族が集うリビングルームには、柔らかくて暖かな色の光が似合います。ただし、リラックスできるようにするために、照度を落とし過ぎてしまうのは考えものです。

リビングのソファで読書をしたり新聞を読んだりする時に、明るさが足りないと目を悪くしてしまうおそれもあります。また、お子さんがまだ幼いうちは、自室で過ごす時間よりもリビングルームで過ごす時間の方が長くなりますので、不十分な明るさのお部屋では思わぬ怪我をしてしまう危険性が生じます。ですので、リビングルームの場合はある程度の照度が必要になってきます。 最近では明るさや光の色まで調節ができるLEDダウンライトやLEDシーリングライトなどが増えてきたのでそういった照明もおすすめです。

リフォームにおすすめのリビング照明

キッチンの照明は、作業効率を高める照度の十分な物が望ましいです。キッチンでは毎日調理をすることになりますから、安全性の面から考えてとても大切なことです。刃物や火を扱うことになりますので、手元がしっかり見える明るさが必要です。暗いキッチンで調理すると、思わぬ事故を招いてしまいますので、細かい作業も難なくこなせるほどの十分な照度を確保したいものです。キッチンの部分部分にそれぞれ用途の異なるライトが取付できるのもリフォーム時だからこそです。

リフォームにおすすめのキッチンライト

リフォーム時の照明選びは難しいですが、機能最優先の選び方をしてしまうと、部屋の雰囲気がお洒落ではなくなったと不満に感じる人がいるのも事実です。そういう場合には、スタンドライトなどの間接照明やスポットライトなどの補助照明を追加したり、調光機能が付いている器具を設置して雰囲気を演出するなど工夫次第で演出方法は広がります。

リフォームで良く使用されている照明器具

アートワークスタジオ AW-0398V Pentagon3 シャンデリア
¥25,920 ~ 28,836 (税込)
ARTWORKSTUDIO ペンダントライト AW-0233 シャンデリア Castle4
¥36,288 ~ 38,880 (税込)
アウトレット照明 グッドデザイン賞
キャンペーン・特集記事
世界中で愛され続ける、イサムノグチの名作「AKARI」
イサムノグチ・AKARI
今なら「正規品」レクリントのコード加工が無料です
レクリント
イメージ集なら好きな雰囲気から照明器具を選べます
照明イメージ実例集
照明ランキングから選んで探せる人気のインテリア照明
照明ランキング
キャンペーンや照明デザイナーなど特集ページです
インテリア特集
Amazon payでお支払い

エコ活動に参加しています

チャレンジ25