照明のメンテナンス ・ お手入れ方法

  • はじめてご利用のお客様
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • カートを見る

照明のメンテナンスについて

お手入れの目安とお手入れ方法

器具やランプが汚れていては、暗く感じられたり、器具自体の寿命を短くすることがあります。

照明器具を汚れたままにしておくと、明るさが低下します。例えば1年間手入れをしなければ明るさは約20%以上も低下し、 ダイニングやキッチンなど汚れの付きやすい場所では約40%も低下しますので定期的なお手入れをおすすめします。また、定期的なお掃除をする事で照明器具の老化の発見にも役立ちます

汚れの進み具合

お手入れの目安

出典:社団法人照明学会 照明普及会より

お手入れ方法

全器具やランプが汚れていては、暗く感じたり、寿命を短くすることもあります

金属、プラスチックの部分

金属、プラスチックの部分

柔らかい布に中性洗剤を薄めた液をしみこませ、よく絞ってから拭く。洗剤が残らないようによく拭き取る。

金属、プラスチックの部分

よく絞らないと錆の原因になる。また、カバーやセードに殺虫剤をかけると変色の原因になる。

メッキの部分

メッキの部分

柔らかい布で拭く。ひどい汚れのときは、よく絞った布で何度も拭き、最後に必ず乾拭きをする。

メッキの部分

布は必ずよく絞って。ぬれたままだと、錆・変色の原因となる。

ガラスの部分

メッキの部分

器具からていねいに取り外し、水で汚れを洗い流す。消しガラスは素手でさわると指紋がつく場合があるので、ゴム手袋を使うとよい。

メッキの部分

化学ぞうきんを使うと油膜がつき、汚くなる。

木、竹、和紙の部分

メッキの部分

水が使えないため、柔らかいハケかブラシでホコリを払い、布で軽く拭く。

メッキの部分

化学ぞうきんを使うと油膜がつき、汚くなる。

ランプ

メッキの部分

器具から取り外し、洗剤を薄めた液をしみこませた布をよく絞り、ホコリや汚れを拭く。

メッキの部分

ランプの口金を濡らさない。

※お手入れの際は必ず電源を切ってください。
※拭き掃除の際には必ず良く絞って使用してください。錆の原因になる事があります
※どんな素材でも、ガソリン、シンナー、磨き粉、たわし、サンドペーパー等を使用しないでください。
※化学ぞうきんなどを使用すると油膜がつく物もありますのでご注意ください
※器具の小さな隙間や放熱穴にピンや針等を絶対に差し込まないでください。
※勝手に器具を開けたり、改造しないでください。
※このページで紹介している内容は一般的なお手入れ方法になりますのでご参考までにご利用ください

器具のお取り替え

照明器具は8〜10年を目安にお取り替えください。

照明器具を長年使用していると、器具のカバーや反射板などの老化が進み、お手入れをしても回復が望めなくなってきます、こうなってしまいますといくら電気を消費しても本来の明るさは得られずエネルギーと電気代の無駄使いにつながります。また、安定期や器具の絶縁も経年老化しますので照明器具は8-10年を目安にお取り替えください(使用時間により更に短くなるケースもございます)

アウトレット照明 グッドデザイン賞
キャンペーン・特集記事
世界中で愛され続ける、イサムノグチの名作「AKARI」
イサムノグチ・AKARI
今なら「正規品」レクリントのコード加工が無料です
レクリント
イメージ集なら好きな雰囲気から照明器具を選べます
照明イメージ実例集
照明ランキングから選んで探せる人気のインテリア照明
照明ランキング
キャンペーンや照明デザイナーなど特集ページです
インテリア特集
Amazon payでお支払い

エコ活動に参加しています

チャレンジ25