リフォーム時の照明選び

リフォームといっても壁紙の張り替えなどでお部屋の雰囲気を変えるものから、間取りを変えてしまう大掛かりなものまであります。

リフォーム時の照明選びの商品一覧

リフォーム時の照明選び

リフォームといっても壁紙の張り替えなどでお部屋の雰囲気を変えるものから、間取りを変えてしまう大掛かりなものまであります。 模様替えリフォームならお部屋の雰囲気、家具などのインテリアに合わせての照明選びをしてみたりする事から始まります。

ペンダントライトやシーリングライト、スタンドライトなどで空間演出ができます。ダクトレールやスポットライトなどを使いスタイリッシュな雰囲気に演出することもおすすめです。 大掛かりなリフォームを行う場合には壁面に設置するブラケット照明や間接照明などの空間演出も可能になると思います。天井照明のみの空間から一室多灯で空間演出ができれば雰囲気のある奥行きを感じる空間演出ができます。

大きなリフォームなら天井から壁面など間取りや用途次第で様々な演出ができますので、せっかくのリフォームの際には照明による空間演出もしっかりと考えていきたいところです。

リビングの照明リフォーム

一般的なマンションの間取りではキッチン、ダイニング、リビングが繋がりとなっている間取りがあります。ここにはキッチン用の照明、ダイニングには食卓用の照明、リビングにはリビング用の照明を選んでいくのが基本となります。

それでは、お部屋の用途に合わせて照明器具のカテゴリをご紹介していきます

家族が集まるリビングは読書、映画観賞など多目的な用途で使われる場所として高機能な照明選びがおすすめです。現在ではLEDの普及により省エネ性を兼ねながらデザイン性、機能性の高い照明が揃っていますので、どのような使い方が多いかで「リビング照明」選びが変わっていきます。

また、リビングはダイニングと同一空間として繋がっていることが多いのでリビングとダイニングとの繋がりを意識したコーディネートもポイントの一つです。

キッチンの照明リフォーム

キッチンの照明は、作業効率を高める照度の十分な物が望ましいです。キッチンでは毎日調理をすることになりますから、安全性の面から考えてとても大切なことです。刃物や火を扱うことになりますので、手元がしっかり見える明るさが必要です。

暗いキッチンで調理すると、思わぬ事故を招いてしまいますので、細かい作業も難なくこなせるほどの十分な照度を確保したいものです。キッチンの部分部分にそれぞれ用途の異なるライトが取付できるのもリフォーム時だからこそです。

リフォームにおすすめのキッチンライト

リフォーム 照明を選ぶ

リフォーム時の照明選びは難しいですが、機能最優先の選び方をしてしまうと、部屋の雰囲気がお洒落ではなくなったと不満に感じる人がいるのも事実です。そういう場合には、スタンドライトなどの間接照明やスポットライトなどの補助照明を追加したり、調光機能が付いている器具を設置して雰囲気を演出するなど工夫次第で演出方法は広がります。

リビングのリフォーム

リビングのリフォーム

レンガ調のアクセント壁に合わせて、ブラックとウッドのアクセントでデザインされたシャンデリア使ったリフォーム事例です

食卓とキッチンの雰囲気を統一したリフォーム

食卓とキッチンの雰囲気を統一したリフォーム

ダイニングテーブルもしっかりとインテリアに合わせて、統一感も優れています。ペンダントライトはシンプルなタイプを選び空間に馴染んでいます。

食卓とキッチンの繋げたリフォーム

食卓とキッチンの繋げたリフォーム

キッチンとダイニングを1列に繋げたキッチンからの導線が魅力のリフォーム事例です。緑のペンダントライトを3灯設置することで食卓の場所が明確になり素敵な空間になっています

天井を一部下げた間接照明リフォーム

天井を一部下げた間接照明リフォーム

間接照明を使う為に天井を下げてダイニング周りに優しい光を食卓の手元はしっかりとペンダントライトで明るさを確保しています。

天高のあまりない場所へ間接照明

 天高のあまりない場所へ間接照明

天井高があまりないキッチンの天井をわずかに下げて間接照明を設置手元の灯はダウンライトで確保しています。薄型のLEDが普及した現代において可能な設置方法です。

テレビを楽しむ環境のリフォーム

テレビを楽しむ環境のリフォーム

あえて壁をふかしてテレビの設置場所を造作したリフォーム事例では間接照明を左右に埋め込んで目に優しい環境が出来上がります。

棚下に照明を埋め込んだキッチンリフォーム

棚下に照明を埋め込んだキッチンリフォーム

キッチン調味料棚の下に照明を設置した演出方法です。キッチントップの明るさが補てキッチンの雰囲気もおしゃれになっています。