カフェの照明の選び方をご紹介!

カフェの照明の選び方をご紹介!

おしゃれなカフェ、居心地のよいカフェに共通しているポイントは、照明にこだわりを持っているという点です。インテリアや料理、BGMなども大切ですが、照明をこだわるだけでもグっとカフェの雰囲気が変わり、さまざまな演出を可能にしてくれます。

おしゃれなカフェの演出方法
条件を絞込む

商品件数 96

畳数目安

取付方法

素材

カラー

機能

設置場所

明るさ

口金

空間別

光色

スタイル

価格

おしゃれなカフェを演出する照明器具

おしゃれなカフェ、居心地のよいカフェに共通しているポイントは、照明にこだわりを持っているという点です。インテリアや料理、BGMなども大切ですが、照明をこだわるだけでもグっとカフェの雰囲気が変わり、さまざまな演出を可能にしてくれます。

今回はカフェで導入すべき照明の選び方や、人気の照明のポイントについてご紹介いたします。

カフェで人気の照明タイプを3つご紹介

一口にカフェといっても、食事をとることに特化したカフェ、ゆっくり落ち着いて会話を楽しめるカフェ、勉強や作業に集中できるカフェなど、その形態はさまざまです。カフェの照明を選ぶ際は、そのカフェの雰囲気に合わせた照明を選ぶことが大切です。

カフェで人気の照明を3つご紹介いたしますので、どのタイプの照明が一番しっくりくるのかを考えてみましょう。

1. ペンダントライトでおしゃれな雰囲気に演出

カフェの照明の中でも人気が高いのがペンダントライトです。天井から吊り下げて使う照明で、吊り下げる時の高さを調整すれば、光の強さや印象を操ることができます。

ペンダントライトはデザイン性も豊富です。スタイリッシュなものからレトロなものまであり、カフェの雰囲気に合わせた照明選びが可能です。

ペンダントライトを採用する場合は、各テーブルに1つずつなど、複数用意する必要があります。すべて同じデザインで揃えればインテリアに統一感が生まれますし、敢えて違うデザインのペンダントライトをランダムに配置してデザイン性を高めるという方法もあります。

Trans-B ガラス ペンダントライト・全3色

Trans-B ガラス ペンダントライト・全3色

販売価格

19,250

照明の商品詳細へ
Trans-A ガラスペンダント・全3色

Trans-A ガラスペンダント・全3色

販売価格

15,950

照明の商品詳細へ
Trans-C ガラスペンダント・全3色

Trans-C ガラスペンダント・全3色

販売価格

20,020

照明の商品詳細へ

2. 壁面ライトでカフェ空間をおしゃれに照らす

<p>カフェのインテリアにこだわっている場合は、壁面ライトを取り入れることもおすすめです。 壁面にライトを取り付けることで壁際のインテリアや観葉植物、雑貨、絵画などが目立つので、カフェの雰囲気作りに役立ちます。</p>

<p>壁面ライトは席によっては眩しく感じることもありますので、直接ライトが目に触れないようにカバーをする、温かみのある落ち着いた色味にするなどして、お客様のストレスにならないような配慮も必要です。</p>

<ul class="l-related-word__list">
<a href="../shop/shop.cgi?id=47" class="l-related-word__link">ブラケットライト</a>
</ul>

vintage-gard LEDブラケット 調光対応

vintage-gard LEDブラケット 調光対応

販売価格

13,585

照明の商品詳細へ

3. スポットライトを使った空間演出

照明用のダクトレールがあるなら、スポットやペンダントライトを利用することもおすすめです。

複数の照明をまとめて設置でき、照明の方向性なども比較的自由に動かせるというメリットがあります。 スポットライトならペンダントライトのように天井から吊り下がっていないので、開放的な空間を演出してくれることが特徴です。

カウンター、大きなテーブルなどがある場合は、1つの大きな照明を設置するのではなく、小型のペンダントライトなどをおすすめします。

カフェの照明を選ぶ際のポイントは明るさ・色温度

カフェの照明を選ぶ際に大切なポイントは明るさと色温度です。きちんと把握したうえで照明を選びましょう

いここちのよい温かみのある光色を選ぶ

カフェの場合、料理を美味しそうに見せて居心地のよさを演出する必要があります。そのために必要な色温度は2,000Kから3,000K程度です。 暖かく柔らかみのある色味を選んでおくのが良いと思います。

オープンではない厨房などは作業効率を考え、食材の色味をきちんと確認できる色合いの照明が選定されることも多いです。

照明の明るさは用途に合わせて調節する

レストランなどの料理をメインに楽しむ飲食店の照明の明るさは400luxから750lux程度が一般的です。しかし、カフェの場合はそれよりもやや落として500lux程度にすることがおすすめとなっています。

もちろんカフェの用途によっても明るさを調整することは大切です。作業スペースとして利用する方が多い場合はやや明るめに、しっとりと落ち着いた雰囲気のカフェにしたい場合は暗めにするなど調光機能がついた器具を使うのがおすすめです。

カフェの照明 実例6選

FACTORY LAMP・ブラック

光源を包み込むように広がる集光性の高いセードフォルム。デザインの細部にまでこだわったペンダントライトです。やや大きめの径40cmシェードは存在感もバッチリ。

FACTORY LAMP 100W | ブラック

FACTORY LAMP 100W | ブラック

販売価格

21,780円〜

照明の商品詳細へ

American vintage-grass ペンダントライト

少し大きめのガラスシェードがレトロな趣き。アメリカンテイストのカフェ空間インテリアに最適です。滑らかな曲線の美しいデザインをお楽しみください。

American vintage-grass ペンダントライト  | 全4種

American vintage-grass ペンダントライト | 全4種

販売価格

23,100円〜

照明の商品詳細へ

vintage-style スポットライト ブラック・60W相当

デザイン・質感へのこだわり、ビンテージシルバーの灯具とビンテージブラックセードの美しい調和がアクセントとして魅力を引きたてるスポットライト

vintage-style スポットライト ブラック・60W相当 | ダクトレール用

vintage-style スポットライト ブラック・60W相当 | ダクトレール用

販売価格

11,979

照明の商品詳細へ

GOLDEN BELL SAVOY

ヘルシンキの老舗高級レストラン「サヴォイ」のためにデザインされた照明。1937年当初と同様にあえて塗装をせず真鍮そのままの魅力を活かしたモデルです

A330S GOLDEN BELL SAVOY ペンダントライト | artek

A330S GOLDEN BELL SAVOY ペンダントライト | artek

販売価格

74,800

照明の商品詳細へ

空間の存在感が圧倒的なペンダントライトです

スタジアムやボクシングジムで使われる巨大な吊り下げダウンライトをイメージしたペンダントライト。その印象的なスタイルとスチールの素材感、圧倒的なサイズで照明を主役とした思い切り感のあるインテリア空間を演出します。カフェなどの飲食店、ショップ用などにも大変おすすめです。

Steel ペンダントライト・100W | 全3色

Steel ペンダントライト・100W | 全3色

販売価格

55,000

照明の商品詳細へ

BOTANIC HANGING ペンダントライト

コードはロープ状のコットン製で植物との相性が良いナチュラルオーガニックな照明。ご家庭はもちろん、カフェやレストラン、お花屋さんや雑貨屋さんなどあらゆるお店の照明に活躍しています。

BOTANIC HANGING ペンダントライト | 全3種

BOTANIC HANGING ペンダントライト | 全3種

販売価格

11,880円〜

照明の商品詳細へ

銅古味・ヒビ模様入 ペンダントライト

格式高い名曲喫茶、文豪たちが文豪たちが煙を燻らせ通った昭和のバー。当時と変わらない趣のあるスタイル。アンティークでレトロな空間の仕上げづくりの店舗照明としておすすめです。

銅古味・ヒビ模様入 ペンダントライト | アンティーク調

銅古味・ヒビ模様入 ペンダントライト | アンティーク調

販売価格

33,154

照明の商品詳細へ

アンティーク調ペンダントライト・ダクトレール用

レトロなデザインの乳白ガラスがアンティークな空間やカフェなどに映えます。お店の照明はもちろん、ご家庭のキッチンダイニング、カウンターの照明にもおしゃれです。

アンティーク調ペンダントライト 40W相当 | ダクトレール用

アンティーク調ペンダントライト 40W相当 | ダクトレール用

販売価格

17,424

照明の商品詳細へ

お客さまにアンケート!魅力的なカフェの照明の選び方

「どんな照明のカフェが魅力的だと感じますか?最も共感できるものを教えてください。」という内容で、20〜60代の男女にアンケート調査を行ったところ、「ダウンライトで落ち着きのある雰囲気」という回答が最も多く全体の53%を占めました。

その理由として、「少し暗めの空間でも落ち着いた明かりさえあれば魅力的。」「いつも家にいても子供と一緒で疲れているので、カフェにいる時には少し暗めの空間でゆっくりとくつろぎたい。」「ダウンライトで落ち着きがあるカフェは、ゆっくりできる印象で、自分の時間を過ごすことが出来る。」といった声が挙がっていました。

どんなカフェの照明が魅力か?

やはりカフェではゆっくりと落ち着いて過ごしたいという声が多く、日常から離れてほっと一息つける空間を求めている人が多いようです。 続いて「ペンダントライトやスポットライトで空間にアクセントがある」という回答が18%で、その理由として、「スポットライトがあると良い雰囲気が店内で体験できそうだから。」「店内が暗くて、自分の席の周辺だけが照明で照らされている雰囲気が好き。自分以外の他の席が見えないほうが、落ち着く。」「あまり明るすぎる照明は落ち着けないので、少し薄暗い方が良い。」といった声が挙がっていました。 カフェでは自分だけの空間を楽しみたいと考える人が多いことから、空間アクセントで部分的に照らす照明は好まれているようです。

その他には「シャンデリアでこだわりを演出」という回答が9%で、「シャンデリアのカフェはあまり見たことがなく、実際にシャンデリアがついているカフェに行ったら凄く素敵だなと感じた。」「シャンデリアがあるだけで一気に高級感が増すから。」といった意見があり、珍しさや高級感を求めている人もいることがわかりました。

カフェにおいては、落ち着いた空間を求める人や、明るさや清潔さを求める人、日常から離れた高級感を求める人などそれぞれ意見が分かれるため、照明選びにおいてはお店のコンセプトを意識することが大切となるでしょう。

絞り込み検索