AKARI ペンダントライト

AKARI ペンダントライト

35年をかけて、彫刻家イサムノグチは和紙を使った光の彫刻作品を200種類以上作りました。ペンダント型は天井からの吊り下げ型の照明として、和室や洋室、吹き抜け、店舗照明として様々な空間でご使用いただいています。別注品の黒コードのAKARIなど珍しいAKARIまで取り揃えています。

AKARIのペンダントライトについて
条件を絞込む

商品件数 24

素材

設置場所

空間別

価格

AKARI ペンダントライト

ペンダントライトとしてのAKARI

イサム・ノグチは35年をかけて、200種類以上ものさまざまな形や大きさのAKARIを生み出しました。1950年代の初めの頃は提灯の上下に口輪のついたものだったり、竹ヒゴの感覚が均一で目が細かいAシリーズが多かったですが、1963年には竹ヒゴが不規則に巻かれたDシリーズ(Dはでたらめの意味だそうです?)が作り出されました

ペンダント用として天井から吊り下げて使用するものには、AKARI製品のうち最も取り扱いが簡単で、シェードに付属の真張りを入れて引き伸ばし、電球がシェードの中心に来るようにセットします

主な目的として天井吊り下げて使用するAKARIにも大型のAKARIもあります。お部屋のコーナーに設置したり吹き抜け空間におすすめです。オフィスのゲストルームやホテルのロビーなど存在感のあるディスプレイとしてご使用頂けます。

AKARI用のペンダントソケット

4種類の長さから選べます

AKARI用のペンダントコードは4種類あります。 住宅で使いやすい30cmコード 、少し長めの1m、高天井向けの1.5mコード、吹き抜け空間向けの3mコードがあります。全てLEDランプが付きで、お届けしたその日からすぐにお使い頂けます。縦長の大型タイプには専用の2灯ソケットも用意されているので縦に長い明りがしっかりと空間を照らします

AKARIにも使える汎用品のペンダントソケットもあります。純正品ではないですが、住宅で使いやすいコード長さ30cmで使い勝手は変わりません。お値段も安く販売されています。

AKARIの正規品にはサインが印字されています

イサムノグチのサイン

AKARIの正規品にはロゴは必ず印字されています。AKARIのマークは赤色、I.Noguchiのロゴは黒で和紙に印字がされています。当店で販売しているAKARIはサインが印字された製品となっていますので安心してショッピングをお楽しみください。

当時から変わらない制作方法

akari制作風景

AKARIは熟練の職人により岐阜県の工場で一つ一つ手作業で制作されています。専用の木型に竹ひごを巻き、和紙を張り込み、木型の抜き取り、乾燥行程を経て作られる自由度の高いAKARIは、彫刻家イサムノグチの才能を開花させるプロダクトとしてロングセラーになっているのも頷けます。

AKARIのある空間の雰囲気

akariのある空間の雰囲気

イサムノグチはAKARIを住空間に持ち込むことのできる「光の彫刻」と考えていたそうです。

「AKARI」という名前は「太陽の光や月の光を部屋に入れよう」という意味から「明かり」という名前がつき、その漢字も「日・月」からできています。

種類が少なくなったAKARI

たくさんの種類があったAKARIですが、近年、世界中からの需要に対応する為、ラインナップを減らして効率よく生産を進める流れになっています。また、yamagiwaやDAIKOなどからも別注品として販売されていたAKARIも2021年を持って販売中止となりました。

別注のAKARIは在庫限りで販売終了となりますのでレアな商品になるかもしれません。別注品として販売されていたAKARIも和紙にはサインが入った正規の商品です。違いはパッケージデザインとペンダントソケットの形状というところでしょうか。

akariシェードの販売開始

AKARI ペンダントライトのよくある質問

シーリングカバーは付いていますか? 取付に必要な部品でしょうか?

シーリング部分を隠すカバーは別売となりますので必要な場合は別途ご購入ください。キャップが無いと取付けができないという部品ではございませんのでご安心ください。

こちらよりご覧頂けます【シーリングキャップ

この情報は役に立ちましたか?

26人に評価されました

AKARIのコードを希望の長さで作ってもらう事はできませんか

基本的にAKARIの専用コードソケットは30cm、1m、1.5m、3mからお選びくださいますようお願い致します。

物件など特注でコードが必要な際は別途お問合せください。

この情報は役に立ちましたか?

0人に評価されました

AKARI ペンダントライトとは?

AKARIペンダントライトは、彫刻家イサム・ノグチ氏の和紙を使った光の彫刻と呼ばれる照明器具。天井からの吊り下げ型の照明として、和室や洋室、吹き抜け、店舗照明など様々な空間でご使用いただけます。

この情報は役に立ちましたか?

2人に評価されました

絞り込み検索