• はじめてご利用のお客様
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • カートを見る
スペース
楽天ID決済がご利用頂けます
スペース
Amazon pay
  1. 照明器具・ライトTOP
  2. コラム
  3. 偉大なる彫刻家イサム・ノグチが残した 【光の彫刻(照明)AKARI】
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大なる彫刻家イサム・ノグチが残した 【光の彫刻(照明)AKARI】


更新日:2019-06-27

イサム・ノグチ(1904-1988)は日本人の父親とアメリカ人の母の間に生まれた日系アメリカ人。幼少期は日本で過ごし14歳で単身渡米、芸術家としての才能が磨かれていきました。イサム・ノグチは彫刻家にとどまらず。空間デザイン、家具、照明、舞台装置、書、遊具などさまざまなものを生み出し、イームズやジョージネルソンと同じミッドセンチュリー時代を生きたデザイナーです。

映画*や舞台*にもなりイサム・ノグチという魅力的な人物像がわかります

*自伝的ドキュメンタリー等もあります。他にも「レオニー」(映画)はイサム・ノグチの母親であるレオニーギルモアの波乱に満ちた生涯を描く映画も公開されていました。

*「iSAMU20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語」(舞台)は宮本亜門さんが出かけた舞台でした。照明の通販サイトの方でも宣伝した記憶が残ります。

目次

  • 岐阜提灯との出会いでAKARIが生まれる
  • イサム・ノグチの彫刻作品が見れる場所
  • 完成を見ることができなかった、モエレ沼公園
  • お家の近くにあるかも!? イサム・ノグチがデザインした遊具

 

岐阜提灯との出会いでAKARIが生まれる

石の彫刻とは違い軽やかな光の彫刻AKARI(アカリ)は住空間の中に手軽に持ち込むことができる彫刻と考えていたそうです。彫刻をするように発泡スチロールで形を削り出し様々なプロポーションの作りづづけました

そこから、巻き上げられる竹ひごの位置まで絶妙に計算されています。現代においてもイサム・ノグチが遺した木型が使われ当時と変わらない製法で岐阜提灯の職人により作られています

イサム・ノグチは35年をかけて、200種類以上ものさまざまな形や大きさのAKARIを生み出しました。1950年代の初めの頃は提灯の上下に口輪のついたものだったり、竹ヒゴの感覚が均一で目が細かい物でしたが、1963年には竹ヒゴが不規則に巻かれたDシリーズ(Dはでたらめの意味だそうです?)が作り出されました。

鏡餅や茄子など多種多様な形をしたNシリーズ(ニューあかり)ペンダントライト、スタンドライトが作られた頃から、バリエーション豊かな展開を示すようになったそうです。

さらに、Pシリーズ(Pはプレーンの意味)ペンダントライト、スタンドライトのように形はシンプルで、竹ひごを使わず和紙を折りたたんだ際に生じるシワの陰影を魅せようとするAKARIが加わって行きました。このように、伝統的な提灯製造の技術にのっとりさまざまな形のAKARIを生み出す一方で、竹ヒゴが生み出すセンや和紙が生み出す陰影を効果的に見せようとするAKARIを作り出していきました。

長い年月のなかで200種類以上のAKARIがデザインされましたが、現在購入できるものはその一部です

isamunoguchi_col-1.jpeg

AKARIの全てのシェードにはイサム・ノグチのサインが印字されています。本物の証です。

今、手にすることができるイサム・ノグチのAKARIはこちら販売しています

 

天井から吊り下げるペンダントタイプのAKARI

isamunoguchi_col-2.jpeg

小さいものは直径30cmのものから120cmほどの丸い形から、四角いデザイン、吹き抜けなどによく使用される縦に長いAKARIなど現在では40種類以上のものが販売されています

畳まれた和紙を広げて真張りを入れ、電球をつけたコードソケットを取り付けるだけで組み立てできます。

イサムノグチのAKARI ペンダントライトを見る(2017年12月1日現在:47商品あります)

※限定のAKARIは販売終了しているものもございます

 

床において使うスタンドタイプのAKARI

isamunoguchi_col-3.jpeg

スタンドタイプは3本〜4本の細い脚からなる小型タイプがポピュラーで、ペンダントライト以上にデザインが豊富に揃っています。テーブルライトや床置きの照明、高さ190cmにものぼる大型のスタンド、盆提灯のような3本脚タイプなどがあります

棒の脚と電球をつけるソケット、そして和紙のパーツから組み立てるスタンドタイプは少し組み立てるのが難しいので必ず説明書を見ながら行った方が良いと思います

イサムノグチのAKARI スタンドライト一覧(2017年12月1日現在:54商品あります)

※限定のAKARIは販売終了しているものもございます

 

床において使うスタンドタイプのAKARI

isamunoguchi_col-4.jpeg

AKARIの素材は和紙なので電球からの発熱や経年変化による劣化が避けられない照明シェードです。LEDが普及した現在では発熱も少なくなり、以前に比べれば和紙も長持ちするようになりましたが、和紙なのでどうしても劣化してしまいます。破れてしまった和紙は修理する事ができませんので交換用AKARI和紙が用意されています。 ロングタイプの和紙シェードはスタンド、ペンダント共通です

 

AKARI 交換用和紙一覧(2017年12月1日現在:74商品あります)

※限定のAKARIは販売終了しているものもございます

 

世界に広がるAKARI

AKARIはイサム・ノグチの彫刻作品として、世に類を見ない照明器具として、世界中に広がっていきました。アメリカニューヨークをはじめとして世界各国で展覧会が開催され、国内でもさまざまな芸術家、デザイナーがAKARIと関わり、また、多くの賞賛を得る事になったそうです。イサムノグチ自身もAKARIを積極的に出品をし、実際「あかりは僕が自身を持って誇れる仕事の一つです」とよく話していたそうです。

次の言葉からはAKARIに対する自負心がよく伝わってきます。
「アカリはどんな環境にも合う照明器具として、又、美術品として世界中で需要を伸ばしてきました。このように親しまれているAKARIは人々の生活様式にも影響を及ぼしているといっても過言ではないでしょう。あかりはその人の権威(ステータス)の象徴ではなく、貧富にもかかわらず完成の証であり、暮らしに質(クオリティ)を与え、いかなる世界も光で満たすのです。」

アメリカと日本との間で、しばしばその帰属を問われるような出来事に遭遇しながらも、故郷を超えて制作活動を展開させていった彫刻家、イサムノグチ。彼は従来の彫刻という枠組みにとらわれることなく、彫刻という概念そのものを拡張させていき、モニュメント、庭、公園、家具、そしてAKARIなど、環境に関連した仕事を展示する事で、彫刻とは何かを世に問いかけ続けたのである

 

イサム・ノグチの彫刻作品が見れる場所

isamunoguchi_col-5.jpeg

※限定のAKARIは販売終了しているものもございます

イサム・ノグチが遺した作品を多数展示している美術館と博物館では、ここでしか手に入らない商品の販売もおこなっています。AKARIは庭園美術館のオリジナルパッケージ仕様が入手できます/p>

 

イサム・ノグチ庭園美術館

彫刻家イサム・ノグチが遺した作品を多数展示している日本で唯一の場所
イサム・ノグチ庭園美術館は香川県の牟礼という町にあります

1950年代に庵治石の産地である、この地を訪ね、彫刻家としてのアトリエをこの地に持ちました

アトリエの向かいにはイサム・ノグチが生活をしていたイサム家と彫刻庭園を見ることもでき、イサム・ノグチが生活していた一部を垣間見ることができます。彫刻という枠を超えて自然な景観までもデザインしてしまうイサム・ノグチのランドスケープ設計は、のちにモエレ沼公園へ繋がっていきます

代表作の「エナジー・ヴォイド」は1970年代に製作された高さ4m弱の作品で、石でできている事を忘れてしまう柔らかい雰囲気と、とてもパワーを感じる大好きな作品です

 

イサム・ノグチ庭園美術館は香川県牟礼にあります。

〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3519
Tel. 087-870-1500

 

ニューヨークにあるノグチ博物館

1985年にオープンした、The Noguchi Museumです。ニューヨークへ行った際は是非!

完成を見ることができなかったモエレ沼公園

 

大地を彫刻するというイサム・ノグチの壮大なプロジェクトがモエレ沼公園でした。公園全体が彫刻作品という考えで1988年に設計された公園でしたが、その完成を見ることなく同年にこの世を去ってしまいました。

イサムノグチが残したマスタープランを元に造成工事は始まり2005年に全ての施設が完成しています。自然とアートが融合したこの公園は春には桜、夏には水遊び、秋には紅葉、冬には雪遊びが楽しめる公園です

 

モエレ沼公園

007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
Tel: 011-790-1231

 

お家の近くにあるかも!? イサム・ノグチがデザインした遊具

イサム・ノグチは自然の中で子供達が遊べる遊具彫刻を数多くデザインしています。

 

有名なところでは

横浜市のこどもの国にある「プレイグラウンド」には「丸山」「オクテトラ」、北海道札幌にある大通り公園の滑り台「ブラック・スライド・マントラ」や彫刻の森美術館、入ってすぐ左の建物内にはオクテトラがあります

  

isamunoguchi_col-6.jpeg

 

遊具彫刻にこんな言葉を遺されています

「これは、あの子どもたちの世界。私が創造したものを子どもたちに発見してもらいたいのです。そして、ちょうど原始、人がしたように、子どもたちにも直接、大地と向き合ってもらいたいのです。」
isamu noguchi

こどもの国
神奈川県横浜市青葉区奈良町700
045-961-2111

彫刻の森美術館
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
0460-82-1161

他にもたくさんあります。イサム・ノグチの作品が見れる場所
展示されていない場所があるかもしれませんので事前に確認をお願いします

・大通公園 北海道札幌市中央区大通り西8
・土門拳記念館の庭園 山形県酒田市飯森山2-13
・セゾン現代美術館 長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ケ沢2140
・越前園芸公園 福井県丹生群宮崎村小曽原120
・大川美術館 群馬県桐生市小曾根町3-69
・草月会館 東京都港区赤坂7-2-21
・東京国立近代美術館 東京都千代田区北の丸公園3−1
・こどもの国 神奈川県横浜市青葉区奈良町700
・横浜美術館 横浜市西区みなとみらい3-4−1
・神奈川県立近代美術館 鎌倉 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53
・静岡県立美術館 静岡県静岡市谷田53-2
・滋賀県立近代美術館 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
・和歌山県立近代美術館 和歌山県和歌山市吹上1-4-14
・名古屋市美術館 愛知県名古屋市中区栄2-17-25
・一宮市博物館 愛知県一宮市大和町妙興寺2390
・国立国際美術館 大阪府吹田市千里万博公園10-4
・大原美術館 岡山県倉敷市中央1-1-15
・呉市美術館 広島県呉市入船山公園内
・広島市現代美術館 広島県広島市比治山公園1-1
・香川県文化会館  香川県高松市番町1-10-39
・タイムアンドスペース | 高松空港 香川県香川郡香南町大字岡1312-7
・徳島県近代美術館 徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森公園内
・阿波中央橋 徳島県麻植群鴨島町

最後に

イサム・ノグチさんという人物像は本やドキュメンタリー映像などで見ることができます

 

作品は日本のみならず世界中に残され、手に入れることができる家具や照明はお部屋に置いて楽しむ事ができる唯一の作品となります。和紙でありながら海外での人気の高さから洋室でも十分に馴染むデザイン性は光の彫刻と呼ばれるAKARIの魅力かと思います


イサム・ノグチの作品に出会えるイベント情報

・東京オペラシティ アートギャラリーにてイサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ- が開催されます。生涯を通じて生まれた様々な彫刻作品が展示されます
2018年7月14日から9月24日まで

・川崎市岡本太郎美術館にて「イサム・ノグチと岡本太郎―越境者たちの日本―」が開催されます。本展は、イサム・ノグチと岡本太郎という個性の異なる二人の越境者の作品を通して、「日本」あるいは「日本美」とは何かについて再確認するための機会として開催されます。
2018年10月6日から1月14日まで

・横浜美術館にて「イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるも」が開催されます。絵画、彫刻、版画、写真、墨画など、約120点におよぶ作品を通して、ノグチと長谷川、ふたりの交友と創作の軌跡を辿ります。
2019年1月12日から3月24日まで

 

isamunoguchi_bana.jpeg

前の記事

ガーデンライトで素敵なお家! エクステリア照明【マンション・戸建編】

次の記事

【実例10選】ステンドグラスの光を透したランプは美しく幻想的

アウトレット照明 グッドデザイン賞
キャンペーン・特集記事
世界中で愛され続ける、イサムノグチの名作「AKARI」
イサムノグチ・AKARI
今なら「正規品」レクリントのコード加工が無料です
レクリント
イメージ集なら好きな雰囲気から照明器具を選べます
照明イメージ実例集
照明ランキングから選んで探せる人気のインテリア照明
照明ランキング
キャンペーンや照明デザイナーなど特集ページです
インテリア特集
Amazon payでお支払い

エコ活動に参加しています

チャレンジ25

ご注文金額の合計が1万円以上なら送料無料になります ※沖縄県は除きます(別途見積)お引越しに合わせ日時指定も無料で承ります